実践LCC利用法 その4

実践LCC利用法 その4

旅行当日:目的地に到着

お疲れ様です。目的地に到着しました。

フライトが終わり目的地に到着しました。
空港を出たらおもいっきり楽しみましょう。


LCCは機内での飲食物も有料となります。
食べる予定がある場合は、チケット購入時に予約しておいたほうがお得です。
なお、Air Asiaの機内食ではマレーシア料理の「ナシ・レマ」がオススメです。
また、国際便の場合機内で入国書類が配られますのであらかじめ記入しておきましょう。
ただしAir Asiaの主な到着先であるマレーシア は現在入国書類の必要はありません。


目的地に到着したら飛行機を降ります。
クアラルンプールLCCTの場合ボーディングブリッジがありませんので、タラップを降りて到着ホールまで歩くことになりますが、 他の乗客の後についていけば迷うことはありません。
また、雨が降っていても傘を貸してくれるので安心です。
まずは入国審査です。パスポートと入国書類(マレーシアは必要ありません)を係員に提示しましょう。
場合によっては簡単な質問があります。また、国によっては顔写真と指紋を採取されることがあります。


注:同一航空会社で別の便に直接乗り継ぐ場合(Air Asiaならクアラルンプールからシンガポールやバンコク)は入国手続を行わず「Connecting Flight」、「Transfer」などと書いてある場所に向かうことになります。わからない場合は係員に相談しましょう。
入国手続が終わったらバゲッジクレームに向かいます。
荷物を 預けている場合はここで受け取ります。
もし荷物が出てこなかった場合は、荷物を預けた際にもらったバゲッジタグ を係員に見せましょう。


これで手続きはすべて終了です。観光を楽しみましょう。
なお、クアラルンプールLCCTの場合、市街地までバスで向かうことになります。
出口でバスのチケットを売っていますのでそこで購入しましょう。

実践LCC利用法 その5 「帰りの飛行機」に進みます。