実践LCC利用法 その1

実践LCC利用法 その1

旅行前:チケットを予約しよう

エアアジアのHPからチケットを購入する

まずはエアチケットの購入です。
今回はエアアジアを例にとってウェブでのチケット購入について解説します。
航空会社によって購入方法は異なりますが基本は同じです。
チケットの購入は前日でも可能ですが、基本的に早期に購入すればするほど価格も安くなります。
できれば早めの購入をお薦めします。
ただしレガシーキャリアと異なりLCCはチケットの変更・払い戻しが基本的にできません。そのぶん価格を抑えているのです。


ブラウザでエアアジアのサイトにアクセスします。
(URL:http://www.airasia.com

 


画面左上に検索ウィンドウがあります。


「出発地」をクリックすると候補が表示されます。
ここでは日本の東京・羽田を選びましょう。


次に目的地を選びます。
ここではマレーシアの「クアラルンプール」を選びましょう。


次は日程です。出発日をカレンダーでクリックしましょう。


続けて帰国日をクリックしましょう。


入力が終わったら「検索」ボタンを押します。


注意事項が表示されるので一読して「OK」を押しましょう。


片道ごとの価格が表示されるので、希望する日付の価格にチェックを入れます。
日によって値段が違うことがわかるでしょう。 スケジュールが変更可能であればここで日付を変更してもかまいません。


画面右側に往復の総額が 表示されます。


画面下部の注意書きを一読し、チェックボックスにチェックを入れ「続ける」をクリックします。


連絡先の入力画面です。
氏名、住所、国籍、メールアドレスなど必要事項を入力し「次へ」をクリックします。


「私がこの旅行者です」にチェックを入れると、先ほど入力した情報がそのまま入力されます。


「Passport」にチェックを入れ、パスポート番号、発行国、有効期限を入力します。


往路のフライトオプション入力画面です。預ける手荷物の従量、アメニティキット、機内食などを事前に申し込むことができます。
手荷物は20kgが選択されています。機内持ち込みのみの場合は「受託手荷物」なしを選びます。
ただし、重量オーバーで持込できなかった場合は追加料金を支払うことになります。荷物の量が予測できない場合はとりあえず20kgを選んでおくことをお薦めします。
また、機内食などはその場で購入することもできますが、事前に申し込んでおいたほうが割安です。


復路のフライトオプション入力画面です。往路と同様手荷物の従量、機内食などを選択します。
選択が終わったら「続ける」をクリックします。


ゴーインシュア・トラベル・プロテクション(独自の旅行保険)の申込画面です。
希望する場合は画面上部のチェックボックスにチェックを入れ「続ける」をクリックします。


希望しない場合は画面下部の「旅行保険を取り消す場合は「こちら」をクリック」をクリックします。


確認画面が表示されるので「キャンセル」をクリックします。
「加入しません」にチェックが入っていることを確認して「続ける」をクリックします。
(多少くどいですが、これらはLCCの貴重な収入源です、これらがあるおかげで安い運賃が実現されているのでがまんしましょう)


クアラルンプール空港から市内までのバスのチケットを購入する画面です。
空港の出口でも買えますのでそのまま「続ける」をクリックすればいいでしょう。


マレーシア国内で携帯電話を利用できるSIMカードの購入案内です。
必要ない場合はそのまま「続ける」をクリックしましょう。


座席指定の画面です。前方のホットシートは値段が高いですが足元が広く、飛行機にのるのも降りるのも早くできます。
それ以外は標準シートです。確実に窓側か通路側か選びたい場合は指定しておくことをお薦めします。
また、最安値を目指すなら選択しなくても構いません。その場合はチェックイン時に指定されることになります。


連絡先の入力画面です。
氏名、住所、国籍、メールアドレスなど必要事項を入力し「次へ」をクリックします


確認・購入画面です。
金額を確認し、クレジットカード情報、住所などを入力し「支払う」をクリックします。
この時点でカードに課金が行われ、払い戻しやキャンセルは不可能になりますのでよく確認しましょう。


予約の確定が表示されました。


すぐにメールが送られてきます。
内容をよく確認しましょう。


メールには旅程表が添付されています。
プリントアウトして保存しておきましょう。
ただし、これは搭乗券ではありません。
搭乗券はこのあと説明する「ウェブチェックイン」で行います。

→実践LCC利用法 その2 「チェックインを行う」に進みます。