実践LCC旅行

アンコールワットが見たい!

実践LCC旅行 ここではユーザーAさんのアンコールワットを訪ねる旅の一部始終を通して、tabinoteを使った快適旅行体験をお伝えします。
(注:旅行の日程やチケットの値段は一部変わっていますが、実際にtabinoteスタッフが体験した旅程と写真を使用しています。)

パックツアーは予算不足…

夏休みを利用してアンコールワット一人旅を計画しているAさん。

まずは旅行会社のウェブサイトで下調べです。
pack tour
ツアー自体はたくさんあったのですが、、、
pack tour 2
うーん、ちょっと高いですねえ。

一応お盆を外して8月24日出発分の空席紹介をしてみました。
pack tour 3
おや?さらに値段が上がっています。
空港諸税と一人部屋追加料金が加算されているようです。

12万円はちょっと予算オーバーです。あきらめて韓国か台湾にしようかと考えていたところ、ふと以前友人に聞いた海外個人旅行のローコストコンシェルジュ「tabinote」のことを思い出し、さっそくアクセスしてみました。
調べるのにお金がかかるのか、と最初はあまり乗り気ではなかったのですが、なんとなく読み続けているうちに「LCCで海外に行こう!」という記事が目に止まりました。

既存の航空会社よりはるかに安い運賃で利用できるLCCを使えばもしかしたらもっと安くアンコールワットに行けるかもしれません。
興味津々ですが、実はLCCはおろかツアー旅行の体験しかありません。ネットで航空券を検索して予約、さらに海外の飛行場で乗り換えするなど不安がいっぱいです。

しかし、「tabinote」の4大特徴:3. 安心を読むと、予約や乗り換えもメールで指示されるそうです。それならだいじょうぶでしょうか。

そういえばずいぶんマイルがたまっていたような

そういえば、ユナイテッド航空のマイルを貯めていることを思い出しました。
マイルを使えば近くのバンコクあたりまでは行けるはずです。でもそこからアンコールワットに一人で行く自信がありません。

「マイルを使って最寄りの空港まで行って、そこからアンコールワットに行くなんて特殊な旅程、調べてくれるのかしら?」

tabinoteに頼んでみた

お金がかかるとはいえ、どうせ旅行会社に頼むと料金を上乗せされているのです。費用が見えるだけtabinoteの方がいいかと思い、ものは試しとtabinoteに旅程作成の依頼をしてみることにしました。
(注:現在このサービスは中止しています)

tabinote form1
まずは名前と性別、年齢、メールアドレスを入力します。

tabinote form2
次に旅程の入力です。
往路、復路ともに出発日と出発空港、到着空港を入力します。
BKKはバンコク国際空港、REPはシェムリアップ空港(アンコールワットの最寄り空港)の空港コードです。

tabinote form3
空港コードは都市の名前を入力すると自動的に候補が表示されるので簡単です。

tabinote form4
ついでにホテルも検索してもらうことにしました。

tabinote form5
「要望事項」欄には「マイルでバンコクまで行くこと」、「経由地はバンコクでなくとも構わないこと」を明記しました。

tabinoteからの回答

翌日、さっそくtabinoteから返答が来ました。
それによると、シェムリアップまではバンコクよりもクアラルンプールを経由した方が安いとのことでした。往復の航空券代はなんと144.65USドル(約12000円)。ホテル代4日分を入れても40000円を切ってしまいます。これには驚きました。

チケットとホテルを予約!

さっそく送られてきたマニュアルを元にエアアジアで航空券を予約します。
air ticket1
指定されたルートと日付を入れ「検索」ボタンを押します。

air ticket 2
表示された金額はtabinoteから送られてきたものとぴったり同じ144.65USドルです。
このあともマニュアルPDFに従ってすぐに予約は完了しました。

次にホテルです。
tabinoteに指定されたホテル予約サイトagodaにアクセスします。
adoga
都市名と宿泊期間を入力して「料金チェック」をクリックします。
agoda2
絞り込み検索の欄にtabinoteから指定されたホテル名を入力し「検索」をクリックします。
agoda3
指定された「ステュングホテル」が出てきました。安いですね。

すぐに予約を行いました。
日本語のサイトなので特に迷うことはありませんでした。

あとはクアラルンプールまでのマイルを使ったフライトだけです。


ユナイテッド航空の特典旅行チケット検索ページにアクセスし、クアラルンプールまでを検索します。

行きはバンコク経由のタイ国際航空、帰りはシンガポール経由のシンガポール航空便となるようです。すぐに予約を行いました。往復で30,000マイルです。もちろん燃油サーチャージはかかりません。

以上ですべての予約は終了です。30分もかからなかったでしょうか。

行ってみました

そして、行ってみました。
本当に予約が取れているのか、一抹の不安もありましたがいよいよ当日。
実際のアンコールワット旅行の様子をこちらの旅行記にまとめました。


結局いくらかかったの?

最後に今回の費用を概算ですがまとめてみます。
  • 航空券(エアアジア)  12000円
  • ホテル(クアラルンプール) 3000円
  • ホテル(シェムリアップ)×3泊 9000円
  • タクシーチャーター3日 12000円
  • 食事代  10000円
  • 計 46000円
おみやげ代その他を入れても50000円をちょっとオーバーするくらいです。
マイルを使いはしましたが団体旅行では味わえない様々な体験をすることができました。
すでに次の旅行をどこにするか、考えている毎日です。